大人ニキビの原因と対策

大人ニキビは10代の思春期ニキビとは違う特徴があります。

  大人ニキビ 10代のニキビ
出来る部位 顎や口周り、フェイスライン 顔中
できやすい肌のタイプ オールタイプ 脂性肌
原因 ストレス、ホルモンバランスの乱れ、乾燥肌、食生活の乱れ、睡眠不足 甘いものの食べ過ぎ、過剰な皮脂分泌

 

以上のように、大人ニキビと思春期ニキビとでは原因が違います。つまり、原因が違うので対策も異なってくるということ。

 

思春期ニキビの対策としては、角質を軟化させる効果と殺菌効果のあるイオウを配合したニキビ用の塗り薬が効果的なのですが、肌を乾燥させてしまうので大人ニキビには向いていません。大人ニキビの場合は必ずしも脂性肌だからニキビができるというわけではないので、ニキビ専用の化粧品も必要な皮脂まで奪ってしまうため注意が必要です。

 

大人ニキビの対策方法

過剰な洗顔・クレンジングは避ける

ニキビが気になるとどうしても「しっかり汚れを落とさなくては!」と1日に何回も洗顔したり、ノーメイクなのにクレンジングをしたりする人がいますが、それは洗いすぎです。洗顔のし過ぎは肌のうるおいまで奪ってしまうので肌が乾燥してしまいます。乾燥をそのままにすると角質が硬く厚くなり、毛穴を詰まらせてしまい、ニキビの原因となってしまいます。メイクをしていないときはクレンジング剤は使わないようにしましょう。また、クレンジング剤自体も、洗浄力の強いオイルは避け、ミルクやクリームタイプを選ぶようにするといいですよ。

最低でも6時間の睡眠時間を確保する

睡眠不足になると肌の免疫力が下がり、ニキビが出来やすくなるうえ、悪化しやすくなります。きちんと規則正しい生活を心がけ睡眠を十分に取ることが重要です。寝だめはダメですよ。毎日、最低でも6時間は睡眠時間を取るようにしましょう。

保湿をしっかりする

ニキビが出来るとどうしてもクリームなどによる保湿を避けがちになってしまいますが、保湿は重要なんですよ。ただ油分はニキビを悪化させてしまう可能性があるので、肌の保水力を高めてくれるヒアルロン酸やセラミドが配合された保湿剤がおすすめです。

 

以上のことに気を付けてみると、大人ニキビも次第にできにくくなってくるはずですよ。